生理痛 基礎体温表

基礎体温表をつけよう

基礎体温表をつけよう

基礎体温表とは、毎朝起きてすぐに布団の中で体温をはかることで、自分の生理周期について詳しく知ることができる物です。基礎体温表を継続してつけると、高温の層と、低温の層に分かれている事に気が付くと思います。生理が来る時になると、基礎体温表はグッと下がり、排卵を境に、体温は急激に上がります。
そのため、基礎体温表をつけると、排卵日がいつであったのかがわかります。基礎体温表に、PMSの症状が表れた時の状態や症状も記載しておくと、高温期に入る頃から、PMSの症状が出始めている事に気が付くと思います。

 

PMSサプリによっては、高温期に入る生理の2週間前から摂取を開始し、生理が来たら、PMSサプリの服用をストップするような摂取法の物もあります。

 

基礎体温に、高温層と低温層がない場合には、生理周期が乱れている事を意味しており、無排卵であったり、ストレスが溜まっている場合もありますし、冷えが原因となっている事もあります。基礎体温が高温をキープしたままの状態で、生理が来ない場合いは、妊娠をしている可能性が高いと言えるでしょう。

 

PMSサプリの服用をすることで、女性ホルモンを正常化する作用が働き、低温層と、高温層がはっきりとわかりやすくなるという人もいます。基礎体温を毎朝はからなければいけないのは、面倒ですし、忘れがちとなってしまう人が多いのですが、自分の体を知るためには、非常に効果的ですから、継続して基礎体温をつけてみると良いでしょう。